レッドローチが増えない原因は?すぐ死んでしまう対策はあるのか調べた!

まいど!

レッドローチ屋でございます!

 

本当に久しぶりのブログ更新になります・・・・
ちなみに・・ぶっちゃけると私はレッドローチを飼育して
丸4年経ちます!

他にも「デュビア」も繁殖させてます。

 

爬虫類などの「餌」ということで、繁殖させて販売をコツコツと
やっております。
ただし、これは「副業」なんですよね(^_^;)

 

なので、本業もしております・・・全く違う業種で役所なんかと
連携して生活に必要な仕事をしております。
なので二足のわらじは大変です(^_^;)

 

最近の悩みは、レッドローチと平行して子供達と一緒に飼育している
カブトムシやクワガタの世話が大変ということです。

昆虫繋がりと言うことで、子供達と私も昆虫が大好きでして・・・
レッドローチを飼育している部屋には・・・オオクワやら、
ニジイロクワガタなどを一緒に飼育しています!

 

そのあたりの事も、このブログに書いていこうと考えていましたので
今、やっと腰を上げたところです(笑)

 

なので、レッドローチやデュビアよりも・・
クワガタやカブトの記事が増えていくと思いますのでよろしくお願いします。

 

主に次女と一緒に昆虫系はお世話していて、1週間に1回の餌交換が
楽しみですね!

まぁ・・・☆になっている子もいるので・・・悲しい事もありますが
楽しんでいます。

 

今回は「レッドローチ」の事を書きたいと思い・・・
重い腰を上げました。

 

私も気になって検索していたことを書きますね、時期的にちょうど
良いかな?って思いました。

レッドローチが増えない原因は?すぐ死んでしまう対策は
あるのか調べた!

だんだんと暑くなってきましたね・・。

いや~まだコロナショックで季節感がおかしくなりそうで、
もうすぐ6月なのに、梅雨なのにね・・・
なんとなく調子が出ません(^_^;)

 

しかしレッドローチやデュビアは温度が上がってきたので
元気になって餌をたくさん食べだしました!

嬉しいですね~、これからの季節は温度調整も楽になります(常温で可)
25度~30度ぐらいが一番活発に繁殖しますから増える一方で嬉しい。

 

しかし!

よく聞かれるんですが、「すぐ死んでしまう」や「増えない、繁殖しない」
などの質問が多いです(個人的ですが)

 

なので今回は、なんで死んでしまう?丈夫じゃないの?
すぐに増えて繁殖できるんじゃない?などの対策や原因を
探っていきましょ!


まず「すぐ死んでしまう」とはどういった事で起こるのか?
考えられる事は「個体が加齢している」や「軟弱な個体」ではないでしょうか?

レッドローチやデュビアといえば結構丈夫なゴキブリですが、
やはり寿命はありますので、若い世代の子達を購入したいですね。

あとは「温度」もあるかも知れません!
これは繁殖にも関わりますが、寒い場所や暑すぎる場所では
さすがのレッドローチやデュビアでも死んでしまいます!

なので、飼育適温は最低でも20度~30度ぐらいが良いかと思いますので
注意してほしいです。

 

まさかとは思いますが、殺虫剤をレッドローチやデュビアがいる空間で
使用していませんか?
もう、これはどうしようもないというか飼育する資格はありません。

確かにゴキブリは害虫扱いする方が多いんですが・・・。

私が考えるのはこれぐらいでしょうか?

 

基本丈夫な虫なので、よっぽどの事がない限り
すぐ死んでしまうことは無いですね。

 

次は「増えない・繁殖しない」という事への対策や原因を
考えていきましょう。

まず先程も書きましたが「温度」です。

 

レッドローチやデュビアの繁殖(増える)行動は温度が
28度前後と言われています。

確かに24度前後でも繁殖行動はしますが、卵の数が少ないです。

なので、冬でも夏でも繁殖行動を促すには28度前後の飼育環境で
飼育しましょう!

 

我が家も大体26度~28度で管理していますし、しっかりと餌を
与えているとめちゃくちゃ卵産んでます(^_^;)

餌も多少匂いがしますが、動物性の「うずらの餌」が一番栄養面では
最強じゃないかな?ぐらい食べますし・・・丈夫でしっかりとした個体に
育ちます。

今回は、ちょっと質問された事に答えました。

まだこの記事以外にも考えれば沢山対策はあると思いますので、
まぁ1つの考え方だと思ってください。
あくまでも私はプロではないでの、そこはご了承ください。

 

では、レッドローチ屋でした。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です