インターメディアツヤクワガタの育て方や寿命は? 温度や死なせない方法も!

まいど!

レッドローチ屋でございます!

スポンサーリンク

本当に久しぶりのブログ更新になります・・・・
ちなみに・・ぶっちゃけると私はレッドローチを飼育して
丸3年経ちます!

 

爬虫類などの「餌」ということで、繁殖させて販売をコツコツと
やっております。
ただし、これは「副業」なんですよね(汗)

 

なので、本業もしております・・・全く違う業種なので
大変です(汗)

 

最近の悩みは、レッドローチと平行して子供達と一緒に飼育している
カブトムシやクワガタの世話が大変ということです。

昆虫繋がりと言うことで、子供達と私も昆虫が大好きでして・・・
レッドローチを飼育している部屋には・・・オオクワやら、ニジイロクワガタ
などを一緒に飼育しています!

 

そのあたりの事も、このブログに書いていこうと考えていましたので
今、やっと腰を上げたところです(笑)

 

なので、レッドローチよりも・・クワガタやカブトの記事が増えていくと
思いますのでよろしくお願いします。

 

主に次女と一緒に昆虫系はお世話していて、1週間に1回の餌交換が
楽しみですね!
まぁ・・・☆になっている子もいるので・・・悲しい事もありますが
楽しんでいます。

 

で、今回はTwitterで「里親」を募集されていたので即連絡をとって
譲っていただきました。

 

「インターメディアツヤクワガタ」の事を書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

インターメディアツヤクワガタの育て方や寿命は?
温度や死なせない方法も!

こいつです!

めちゃくちゃ、かっこよくないですか?

 

正直、最初は詳しくは知りませんでした(汗)
なので勢いで里親になったんです・・・。

 

ありがちですよね・・。

 

では、超簡単に説明しますと・・・

 

写真は上記にありますように、ツヤがあるクワガタです(当たり前)

和名 インターメディアツヤクワガタ
学名 Odontolabis intermedia
産地  パラワン、ネグロス、パナイ

 

日本でも問題なく飼育出来る種類ですね、
ただし温度管理は16℃~25℃の間で良いと思います。

 

レッドローチと同じだね!

成虫の飼育環境は「オオクワガタ」と同じように
マットを敷いて転倒防止の木材とゼリーでオッケー!

 

どの虫も同じですが、日本の冬は堪えますので15℃を
下回らないようにしましょう!

スポンサーリンク

レッドローチは大丈夫なんですけどね(汗)

 

あとは、寿命か・・・。
調べたら意外と長寿で、長い個体は2年は生きるそうです。

 

オオクワガタのオスと同じ感覚かな?

 

せっかく、頂いた生体なので死なせたくはないですし
ブリードして増やしていきたいですよね?

 

私も「里子」が届いたら、死なせないようにして累代して
子供と一緒に楽しみたいと思っています。

 

基本は「温度管理」!
16℃~25℃を守る、意外と高温には弱いですので
冬よりも夏が危険です!

 

というわけで、これから沢山の事を書いていこうと
考えていますので・・・よろしくお願いします。

 

ではまた。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です